PREVIOUS PAGE

Biotech & Life Sciences

ニケム リサーチ(創薬ニーズに対応する理想的なパートナー)

■ 創薬に特化

NiKem Researchは「将来を先取りする」創薬サービスプロバイダーです。前臨床および臨床開発をパスし、最終的には市場で優位に立つ可能性が高い新薬の発見と徹底的な最適化を使命としています。

大手製薬企業における数十年に及ぶ豊富な経験のもと、NiKem Researchは、製薬業界やバイオテクノロジー業界にあらゆるサービスと提携の可能性を提供する信頼できるパートナーとして、国際的な評価を得てきました。主に専門としているのは、医薬品化学、in vitro生物学とADMETおよび早期in vivo PKなどです。

社歴

  • 2001年8月にGlaxoSmithKlineのミラノ研究所から独立
  • 製薬会社の創薬候補の開発で実績をあげる
  • 社員数 82名
    • マネージメント 5名
    • 運営管理/サポート担当 5名
    • 医薬品化学者 52名
    • in vitro/in vivo生物学者 11名(ADME/前臨床専門家含む)
    • コンピューター/構造化学者 9名
  • 2005年の売上 880万ユーロ(約13億円)

■ パイプラインを補完するソリューション

バイオテクノロジー企業であれ、従来の製薬企業であれ、また大企業か中小企業かによらず、製薬会社が製品開発能力を拡大し進歩させるうえで、NiKemは理想的なサポーターです。NiKemをパートナーに選んでいただくことは、既存の社内リソースでは対応しきれない多数のプロジェクトを進めるコスト効率の高い選択と言えます。検証されたターゲットからのリード創出、ハイスループットスクリーニングからの適合例検証支援、または弊社の早期ADMETプロファイリング技術を採り入れた総合的なリードオプティマイゼーションプラスサービスなど、貴社のニーズがどのようなものであれ、NiKemはプロジェクトを臨床段階にまで進めるうえで必ずや皆様のお役に立ちます。

取引先企業(主要取引先は太字で表記)
GSK(英国、イタリア)
Wyeth(米国)
Addex(スイス)
Chiesi(イタリア)
Genextra(イタリア)
Dompe(イタリア)
Altana(ドイツ)
Hybrigenics(フランス)
Athelas(スイス)
Alchemia(オーストラリア)
Merck-IRBM(イタリア)
Newron(イタリア)
Italfarmaco(イタリア)
Rottapharm(イタリア)
Recordati(イタリア)

ご要望により、弊社を積極的に推奨していただいているお客様のリストもご提供します。

大手製薬会社から生まれた弊社は、開発指向のメンタリティを持っております。弊社が主体的に活動できるよう権限を与えれば、単なる技術サービスプロバイダーではなく、共同研究者として優れた業績をあげると多くのお客様から評価されています。

■ 創薬のためのソリューション

NiKemの使命は、クライアントやパートナーが生物学的な発見の成果から市場導入できる薬剤となる可能性の高いリード候補を導き出すプロセスを、可能な限り短期間での遂行を支援することにあります。この使命を達成するため、弊社はIn-silico予測と高スループットのin vitro技術の併用による「効率」、下流開発でのリスクを低減するためにできるだけ開発可能性のデータを早期に取り込むことによる「品質」に注力しています。弊社の創薬サービスの基本的な特徴は次のとおりです。

  • In-silico予測の徹底活用による効率向上
  • 高スループットの並行合成と古典的な反復化学合成により、化学反応のあらゆる可能性を探求
  • 生体膜透過性、代謝安定性、固有クリアランス、P450相互作用、in vitro細胞障害反応、物理化学パラメーター決定など、下流開発アッセイ
  • 目標指向の姿勢。高品質の結果がすべて

お客様のメリット:
短期間かつリーズナブルなコストでよりよい創薬候補を見つけることが可能となります。

弊社は学際的活動を広範に行っており、それらすべてが客観的かつ合理的な方法で成果を達成することを主眼としています。弊社のサービスは大まかに次のように分けられます。

  • 仮想スクリーニング
  • 合理的なドラッグデザインによるリード創出
  • 適合例検証
  • リード最適化
  • 特許の例証
  • 的を絞ったライブラリー
  • 解析支援
  • ADMETプロファイリング
  • in vivo PKプロファイリング

弊社で対応できない内容

  • 所有権がある独自化合物は保有していません
  • HTS設備を持ちません
  • 分子生物学の専門家はおりません
  • 低分子量(600〜700まで)の合成分子を専門としており、生物学的試薬、アンチセンス、抗体、タンパク質、ペプチドなどは扱いません

■ 合理的な薬物設計

無数の化合物ライブラリーによるハイスループットスクリーニングの時代に、合理的薬物設計の必要性があるのでしょうか? 弊社は今まで以上に必要性があると考えます。HTSには限界があり、また、ターゲット構造やリガンドに関して十分な知見がある場合にはHTSは必ずしも必要ではありません。

NiKem Researchは、HTSでは過剰な手間がかかってしまうような状況においてHTSに代わって創薬活動に大きな価値をもたらす、代替手段を開発してきました。弊社は、多様な仮想ライブラリーのIn-silicoスクリーニングによる分子モデリングの技術と、「臨機応変に」合成したフォーカスアレイに対する中程度のスループットのスクリーニングを組み合わせ、HTSの代わりとなる頑健で効果的なソリューションを提供します。

メリット:

  • HTSよりも良好な結果をもたらすコスト効率の高いアプローチ
  • 適合例、リードおよびデータの高品質で充実した結果
  • 早期における開発可能性プロファイリングを取り込むことによる、成功確率の高いより良質のリード
  • LC-MS基準の純度90%以上のQCテスト済み化合物
  • リードオプティマイゼーションプラスプログラムへの容易な移行
  • IPから分子量の小さな分子への変換が必要なターゲットをお持ちのバイオテクノロジー企業にパーフェクトなサポートをいたします。

■ 迅速な適合例検証

残念ながら、HTSアッセイでは次世代の画期的な薬品を直接生み出すことはできません。むしろ、関連性のない多数の適合例が生じることが多く、有効な適合例を定義できるようになるまでにはそれらを1つ1つ検証しなければなりません。検証できたものも、リード候補となるにはほど遠いのが現状です。

弊社は次のことを実現します。

  • フォーカスアレイの合成により生まれたさまざまな適合例の同属種間で、一貫した構造活性相関(SAR)を維持
  • リードを開発品にまで育成した経験を豊富に持つ医薬品化学者による適合例検証
  • 下流のリード最適化に合わせた、適合例の化学的扱いやすさの評価
  • LC-MS基準の純度90%以上のQCテスト済み化合物
  • in vitro ADMETと物理化学的評価による早期段階の適合例開発可能性プロファイリング
  • その後のリード最適化に向けた、正しい適合例選択に役立つ、カスタマイズされたスコア評価機能
  • 薬品化学および開発可能性研究をアウトソーシングするフレキシビリティと、顧客のスクリーニングライブラリーから初期適合例を生み出すメリット
  • 弊社のリード最適化プログラム導入により、スクリーニングから臨床前開発へのシームレスな進捗

■ より短期間でより良質の候補

弊社にとって、リード最適化とは効力と選択性を最適化するだけには止まりません。適合例を将来の医薬品にまで発展させることです。弊社は、パートナーの皆様が弊社の提供する化合物を確信を持って開発プロセスに載せられるよう、リード最適化プロジェクトに多大の努力を注ぎ込むことを主眼としております。これを達成するため、弊社はまずリード候補が臨床前および臨床開発において不合格となる理由を徹底的に理解し、そのうえで、これら不合格結果の多くを早期の段階で評価する方法を見つけ出しました。そして、この「開発可能性」戦略を、弊社で行う並行プロセスアプローチによるリード最適化活動に組み込みました。

弊社のリードオプティマイゼーションプラスサービスの特徴:

  • ADMETおよび開発可能性予測に適した最高水準のコンピューター化学分析ソフトウェアを、弊社リードオプティマイゼーションプラスに幅広くかつ一貫した方法で導入
  • ハイスループットの並行アプローチと従来の合成有機化学の適切なバランスにより、化学反応のあらゆる可能性を開拓
  • 効力、選択性、代謝安定性、固有クリアランス、P450相互作用、hERG阻害、生体膜透過性、溶解性などに対応する、並行実施のin vitro ADMETプロファイリング
  • LC-MS基準の純度90%以上のQCテスト済み化合物
  • 最初の設計合成スクリーニングが完了すると、すべての情報を収集し、その後のスクリーニングの戦略を精緻にするために使用 ― このサイクルが これ以上候補を絞り込めなくなるまで繰り返されます
  • 医薬品業界の視点。弊社は化学作用にのみ焦点を当てているわけではありません。大局的な視点から、画期的な薬品となるより高い可能性を持つ化学的実体をつくり出すことを目的としています。開発をパスしやすい特許性のある分子をつくり出すことから始め、市場競争に打ち勝つことまでを視野に入れています。
  • 弊社がお客様に確約することはそれだけではありません。最適化プロセスで収集したすべての情報を保管し、弊社が提出した候補のいずれかが開発をパスしなかった場合は、その下流データを利用して迅速により適切な代替ソリューションをつくり出すことができます。

■ EXPLORA ADMETサービス

EXPLORA ADMETサービスは、早期段階のADMET情報を薬品化学研究に取り込めるよう設計された一連のin vitroアッセイで構成され、単独のサービスとしても提供しています。

暴露アッセイとは、リード最適化プロセスの手引きとなる重要な開発可能性情報を素早く明確化するうえで基本的かつ必須のin vitroアッセイを集めたものです。フォーカスアッセイは、リード最適化の後期段階や、有望な化合物が最初の暴露アッセイからは好ましくない結果を出した時など、必要に応じてより詳細に開発可能性パラメーターを実証するのに利用できます。

上記のラインナップのほか、血液脳関門透過性アッセイ、HERGチャネルベースQT延長アッセイなども間もなく提供開始します。

in vivo展開性

有望なリードの予備評価を提供するため、一連の非GLP in vivoアッセイを作成します。これらにはラットおよびマウスでの薬物動力学評価、組織や臓器での化合物の分布分散(脳透過性など)、代謝安定性および生体内変化分析などを含みます。

成功 = インフラストラクチャ + 設備 + チーム

技術はプロジェクトの目標を達成するためのツールとして利用するに過ぎません。ですから、NiKemでは社員と事業哲学こそが弊社のサービスの最も重要な部分を占めます。

  • 弊社はプロジェクト開始時にお客様とともにおおがかりであるものの達成可能なマイルストーンとスケジュールを設定します。
  • リソースの割り当ては事前に合意し、支払いスケジュールもお客様のニーズとご要望に合わせて調整できます。
  • お客様には進捗についてリアルタイムに情報提供し、契約上の期日は必ず守っております。
  • 弊社は常に、お客様のニーズと目標が私たちのニーズと目標でもあると心がけています。
  • 弊社はお客様の右腕でありたいと願っております。
  • 弊社は常に、お客様の担当者と有用かつ頻繁なやり取りを行いたいと考えております。
  • 弊社は科学上の課題に喜んで取り組み、お客様の利益のためにそれらの解決に専心します。
  • 弊社は、品質、スピード、コスト効率に基づく戦略的かつ永続的な関係に 関心をお持ちのお客様を特に尊重します。
  • 弊社は、優れた実績を達成する熱意あるコミットメントを絶えず維持しています。

新規のお客様には、トライアル的な短期の契約も承ります。ほとんどのお客様は出来高ベースでの報酬支払いを選択されます。しかし、リスク共有化契約もご検討いただけます。一般的には、次の2種類のサービス契約のいずれかをお選びになります。

1. パートナー型

NiKemは合意された目標を達成するため、お客様のデータに基づいてプランニングと適切な研究実施の両方に責任を負います。
2. アウトソーシング型 NiKemはお客様のデータに基づいて合意された研究のみを実施します。

「NiKemとの協同作業は素晴らしいものであり、このプロジェクトの薬品化学領域への彼らの貢献は社内の研究活動を補完するうえで第一級の成果をもたらしてくれた」
― Eric Hunt博士、GlaxoSmithKline社主席チームリーダーMMPD CEDD

「NiKemのスタッフは薬品化学の面でも、生物学的スクリーニングの観点からも、卓越したプロだ。NiKemは、私が過去20年間経験した中で、科学的発見における最良のパートナーだ」
― Bruno P. Imbimbo博士、Chiesi Pharmaceuticals SpA社長、主席研究員


お問い合わせ

NiKem Research S.r.l
Via Zambeletti 25 20021 Barazante (Milano) ITALY
電話:+39 02 35694 7429
ファックス:+39 02 35694 7606
代表取締役社長: カルロ・ファリーナ

ユーロ・ジャパン・マーケティング・リミテッド (二ケム社日本代理)
103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-18-9 ATビル6F
電話:03 3664 5062
ファックス:
03 3664 5063
E-メール:nikem@eujapan.co.jp
代表取締役: クリストファー・ジャクソン

 


PREVIOUS PAGE | TOP OF PAGE
CONTACT | SITE MAP | CONDITIONS OF USE