PREVIOUS PAGE

Information Security

ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校スマート・カード・センター

ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校のスマート・カード・センター (Smart Card Centre: SCC) は、スマート・カード、トークン、アプリケーション、および関連テクノロジーの分野において、世界の最先端レベルの研究拠点となることを目指し設立されました。SCCは、世界的に有名なインフォメーション・セキュリティー・グループ (Information Security Group: ISG)の一機関で、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校によって2002年10月に設立されました。以下を含む様々な企業から支援および資金援助を受けています。

出資企業

金融業

研究所

半導体メーカー
  • Vodafone
  • Giesecke & Devrient.
  • Visa
  • Mastercard
  • SiVenture
  • TNO
  • RFI Global
  • Infineon
  • Philips
その他
  • Sagem-ORGA (譌ァORGA Kartensystem)
  • Gemalto ( 旧 Gemplus + Axalto)
  • Comprion ( 旧 ORGA Test Systems)
  • Barnes International
  • Quantaq Solutions
  • Crisp Telecom

研究資金の援助に加え、業界の後援組織は、先進的なツールや設備を提供します。一方で、後援組織は、彼らの貢献が一般的に認知されること、最新動向をいち早くキャッチすること、専門知識を持った新入社員を見つける機会や一連のネットワークおよびマーケティングの機会を得ることで、利益を享受します。

また、この力強いサポートとコラボレーションが、スマート・カード、トークン、セキュリティー、アプリケーションで大成功を収める専門家を輩出するMSc (理学修士) コース・モジュールを支えています。この定評のあるMSc モジュールは、機密保護を学ぶMSc の学生の間で大変人気のある選択モジュールで、現在、30名を越える学生がスマート・カード関連の研究プロジェクトに取り組んでいます。

ISG-SCCは大学と業界の専門知識を組み合わせて利用し、スマート・カードおよび機密保護業界の新たな専門家を教育すると同時に、広範囲にわたる研究活動を促進しています。

構内での研究活動を補完するために、SCCはISGによる欧州第6次フレームワーク計画への参加を支援し、英国のイニシアチブに積極的に対応しています。

スマート・カードおよびトークンに関連した業界および政府のイニシアチブは多数あり、SCC は第3のコンサルタントおよび専門家教育開発事業の供給元として認識されています。ISG と一体となり活動することで、完全なシステム・ソリューションの設計または検討を可能にする強力な連携が生まれます。

資金援助を受けているプロジェクト作業を促進するために、ショーケース・ラボが創設されました。このラボでは、主要な来賓に対し、機能や考え方のデモを実際に行っています。

詳しくは、SCCホームページにアクセスするか、SCCにお問い合わせください
 


PREVIOUS PAGE | TOP OF PAGE
CONTACT | SITE MAP | CONDITIONS OF USE